読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆SEVEN WISHES☆

Kis-My-Ft2というアイドルに魅せられた

『MUSIC COLOSSEUM』プロデュースメンバー予想

 

前記事のライナーノーツ、実はまだ書き終わって無いのに発売日になりましたw

 

改めて、本日6thアルバム『MUSIC COLOSSEUM』発売おめでとうございます。

 

初回Aを購入したのですが、DVD特典の感想は後ほど…

 

全曲フルで聴いたら何となくプロデューサーが見えてきたので個人的な見解を発表します、長くなるのでTwitterではなくこちらでw

 

 

まずざっくり予想。

 

VersuS→横尾
いいね!→玉森
One Kiss→藤ヶ谷
キスしちゃうぞ→宮田
Bang! Bang! BURN!→二階堂
r.a.c.e.→千賀
Dream on→北山

 

 

自分が埋めていった順番にご紹介します

 

①キスしちゃうぞ→宮田

口調が完全に宮田。たぶん「本気チューしちゃうぞ」のノリw それにメンバーにここまで恥ずかしいセリフを言わせられるのは宮田だけだと思う。サンキュー宮っち。MU-CHUが好きっていう宮田くんの好みにもハマるはず。

 

②r.a.c.e.→千賀

イントロで直感的に千ちゃんかな、と。彼の尊敬するマイケルジャクソンっぽいサウンドとか雰囲気を何となく感じたので。それに雑誌で千賀さんが振り付けしたって話もしてたしこれは有力。

 

③Dream on→北山

ファンがいて初めて完成するという発想、コーラス部分にリンクした歌詞、これはやっぱり演出家北山氏にしかできない技だろう。意外と違う人だったりして…とか思ってたけど、やっぱり北山くんにしか成し得ない演出だと思った。あ、北山くん入所15周年おめでとう(今言う)

 

④いいね!→玉森

まあここまで来たらやっぱりこの組み合わせが妥当かな。作詞がOnly Oneを作った方と同じという点も偶然じゃない気がする。人見知りの玉森くん的には過去にご縁がある人の方が依頼しやすいだろうしw 曲の病みつき感も玉森感。

 

⑤One Kiss→藤ヶ谷

これは試聴段階からたいぴしかいないでしょ、と思ってたんだけど、たいぴプロデュースはたいぴ曰く「意外」だそうで、そこが引っ掛かったけど、やっぱりたいぴ以外にこの曲をやる人がいない気がするので、One Kissは藤ヶ谷くんの担当ってことにしておきます。玉ヶ谷逆とか…?(ヾノ・ω・`)ナイナイ

 

⑥VersuS→横尾

⑦Bang! Bang! BURN!→二階堂

さああと2人、どっちがどっちだ?となってまあこうだろ、ってところです。

横尾さんは何となく「みんなこういうの(兄組VS弟組)好きでしょ?」って思っていそうなのでVersuS。

ニカは、Double Up的なイメージかな。まあニカが選びそうな曲ではある。

 

 

ちなみに個人的にmost刺さったのはBang! Bang! BURN!です。試聴段階から刺さりまくりだったんだけど、フルで聴いたら一段と。玉森の「移り気な仕草をKISSで引き寄せたら 僕で埋め尽くしてあげるから」に異様に興奮しました。ほんと興奮。興奮。埋め尽くされたい。

 

あとはOverture→リード曲の流れは毎年のことながら神。早くライブDVD欲しい(まだツアー始まってすらいない)

 

次はコンサート、もう来週から始まるんですね。とりあえずセトリ楽しみ(((o(*゚▽゚*)o)))あとグッズも!!

 

 

『MUSIC COLOSSEUM』全曲試聴ライナーノーツ

 

 お久しぶりです。

もうアルバム発売まで18日、早い。

で、今日通常盤のみの楽曲以外は全曲試聴が出たという訳で、個人的には毎年恒例化してる試聴段階での簡単な感想文、まあかっこよく言うとライナーノーツを書いてみました。自己満です。

 

 

01.Overture 〜Music Colosseum〜

何かが始まる予感!試聴段階だとまだあんまりわからないけど今までのOvertureとはまた違った高まるサウンド。

 

02.EXPLODE

MVも曲もかっ!こいい!!!!曲だけ聴いた時点だとサビ前の「EXPLODE〜」の後のタタタタタタって三連符のところが高まる。MVは走るシーンで不安になったけどちゃんと玉ヶ谷ちゃん指導受けてて大丈夫そうw かつん担の友人に聴かせたらろくーんとジャニーズのハイブリッド的な返しが来てなるほどなーと思いました。ただ、Tonightと被ってる感は否めない気がします。。

 

03.VersuS

やばい。かっこよすぎる。これでさらに兄組VS弟組の構図とかもうおたくを殺しにかかってる。今回のアルバムはついに兄組推しのようで個人的にとても嬉しいですw サビ後半の藤→北→千のパートがとても良い。

 

04.いいね!

こんな超可愛いトンチキソングなのに「褒めてあげよう」じゃなくて「褒め称えろ!」なのがキスマイらしくて推せる。一回聴いて何この変な曲って思ったのに2度目にはハマってしまう、キスマイ楽曲あるあるの新しい代表格になりそう(?)

 

05.レッツゴー!!

レッツゴーワッショイwwwww Twitter見てると楽しくて良い!みたいな意見がマジョリティだったように見えたんだけど私にはただのトンチキソングにしか聴こえませんw 個人的にイェイイェイ言ってる曲が好きじゃないんですね。あとトンチキはトンチキでもキスマイっぽくないトンチキだから違和感を感じてしまう。

 

06.SEVEN WISHES

すっっごい好き!!INTERが発売された時、自分がちょうど旅に出る直前だったのでそういう点でも印象的な曲。歌詞に意識して聴いてみたらこれ超良曲だな、と。長崎の1分CMの時点でなんか泣ける曲だと思ってたけど音源はなお良し。バラードよりも泣ける、さわやかで力強い楽曲です。

 

07.優しい雨(BT/北山宏光)

 

08.One Kiss

去年でいうflamingo的ポジだと思うんだけど、flamingoよりポップで大人な感じ。サビのサウンドがオシャレで好き。これ選んだメンバーを褒めたい。

 

09.Sha la la☆Summer Time

我らキスマイ担的断トツの夏の思い出ソング。キスマイ担内外が団結したかの有名な(?)"シャララ狩り"を思い出します。あの時思ったのはやっぱり宮田の力、凄まじい数のラブライバーを始めとしたアニオタを味方につけた宮田最強説。あ、思い出話になってしまった。楽曲としてはやっぱり夏のキラキラアイドルソング感がジャニオタの心を掴んだんだと思います。

 

10.Camellia(BT/玉森裕太)

Camellia = 椿

 

11.Baby Love(BT)

 

12.キスしちゃうぞ

かわいい。激カワ胸キュンソング。可愛い曲って言うともっと若いJr.が歌った方がいいんじゃないかとも思うんだけど、今のキスマイだからこそ良い部分も多々あってさすが。

 

13.Life is Beautiful 〜大切なあなたへ〜(BT/藤ヶ谷太輔)

エイトの『LIFE 〜目の前の向こうへ〜』が思い浮かんだ話は置いておいてw

 

14.君のいる世界

本当に素敵なウェディングソングですが、シャララ(8月末発売)の「夏が始まる」といいこの曲(3/1発売)の「煌めく雪の中で」といい、何故キスマイの曲は季節感が微妙にズレるのかw でも素敵な曲。ここ最近のキスマイでは珍しく、映像より音源のみの方が良いように感じた。「今日までも 今日からも」「この胸の中に この胸の中に あるよ」などのリフレインが不器用に真っ直ぐ思いを伝えてくれる、珠玉のラブバラード。

 

15.Bang! Bang! BURN!

今のところこのアルバムで1番好きな楽曲かもしれない。想像の何倍も真っ直ぐでさわやかな楽曲。なんかコンサートで盛り上がりそうだなーって思う。サビのリズムがライブ終盤の盛り上がりにぴったり!

 

16.r.a.c.e.

なんかエロそう。笑 ここからトゥナイの流れがもうボルテージ最高潮だと思います。自分あんまり詳しくないけどちょっと昔の洋楽っぽいサウンドな気がする。気だるげなオシャレさ?(語彙力)

 

17.Tonight

トゥナイトゥナイナイと頭から離れないメロディが特徴の超絶ゴリゴリ攻め曲。衣装も振付も神。エロかっこいいって言うかエロいよ千ちゃん!!二階堂のかめはめ波かめはめ波待ちのメンバーが個人的に好きです。

 

18.Dream on

the・前向きソング。アルバム、コンサートの締めには打って付けな感じがしますね。ファンのコーラスで曲が完成するって言うのは試聴部分の最後の方の部分のことなのかな?すごい良い演出になりそう。

 

 

〜総括〜

最近の傾向でもあるんですが、舞祭組特にニカ千ちゃんのパートが格段に増えてるように感じました。パート分けは年々平等化されている、それでいて大事な所はやっぱり昔からのメインボーカル藤北で担うって言うのが今のキスマイの良さかなって思います。

なんか全部良い曲でどれが誰のプロデュースした曲とかどうでもよくなってきた爆

そして筆者は超ジャニヲタ的感性の持ち主なのでやっぱりジャニーズっぽい、今まで先輩グループが歌ってきたっぽい曲とか好きですね。でもキスマイは楽曲はほとんどエイベだから、ジャニーズ感がない曲も歌える、そこも強みかなって思ってます。

結論、キスマイは良い。(結局)

今回のアルバムも有難く購入させて頂きまーす(*´∀`*)

 

あ、Camellia気になる…(

藤ヶ谷くん30thバースデー公演が無いことに対する考察

 

 

こんにちは。

 

アリーナツアーが決定し、皆さんいろいろな思いを抱えていることと思いますが如何お過ごしでしょうか。

 

私は前記事記載の通り今年からはnot FC、ゆるオタを極めるのでアリーナツアーには今のところ参加しない予定ではありますが、物販行くか悩んでいます。一番近い会場でも2時間コース。。。

 

 

そんな中、アリーナツアーには1つ問題が。

それは、

 

藤ヶ谷くん30歳バースデー公演が無い!!!

 

なんということでしょう。

節目の30歳かつ日曜日にも関わらず!

 

っということで勝手に推察。(たぶん実際は会場抑えられなかった程度の話だと思いますがオタクの戯言にしばしお付き合い下さい)

 

 

可能性1.「たいぴーは夢の国の住人だからアラサーとか自覚させちゃダメなんだよ」(by.マリ)

 

今最有力な説(

たいぴはドリーミーでファンタジーな存在なので歳なんか取らない!というファンタスティックな意見。

たいぴがアラサーだと知った瞬間オタクが爆発してしまうという配慮も感じられてとても賢明な判断だと思われます。

 

 

可能性2.当日は別のイベント(リリイベとか)が待っている!!

 

主に私の希望的観測ですがw

アリーナツアーで都内来ない以上これは都内でリリイベやるべきなんじゃないでしょうかとか地方組にぶっ殺されそうなこと言ってみる。

自分は距離的に横浜<東京なのでぜひ来て頂きたい。

たいぴのお誕生日会ってだけでおたく招集してくれても構わんよw

 

 

 

とにかく、まだ謎が深まるばかりですが、どうか、どうかおたくと北山くんにたいぴの節目をお祝いさせてください!!お願いエイベ!お願い事務所!!

 

 

f:id:KisMyBerry:20170208220144j:image

 

Touch歌うかな〜♪

シャララユニ曲はツアーマストだと思う。

 

 

 

 

ジャニオタとして生きること。

 

 

はじめまして、如月と申します。

 

この度はてなブログを開設しました、正真正銘ただのジャニオタです。

 

何故急にブログを書こうと思ったのかと言うと、実は当人ずっとアメブロユーザーだったのですが、パスワードを忘れてログインが面倒くさくなったので一新した、という次第です。

 

この話からもわかるようにとてもずぼらでテキトーな典型的なO型女子です。

 

文章を書くのは好きだけれど、苦手。

 

日記とか3日も持たないので、このブログがいつまで続くか、どれ位の頻度で更新するかは不透明ではありますが、今このブログに足を運んでくださっている皆様、ありがとうございます。

あわよくば、今後もたまに見て頂けたら嬉しい…なんて厚かましいことは言いませんが、といったところでご挨拶とさせていただきます。(どんなご挨拶だよ)

 

 

さあ、そんな訳で何らかの文章を書かせて頂こうと思っている訳ですが、このタイトル、「ジャニオタとして生きること。」ということで、ジャニオタとして生きる私の、ジャニオタとしての略歴でもご覧頂こうかと。

どうでもいいけどまあ見てやろうか、という優しい方はどうか見ていってくださいませ。

 

 

ジャニオタ歴は5年と数ヶ月。当初は小学生でした。

小学生の頃は本当に右も左もわからなくて、スマホなんて持ってないからネットとかよくわかんないし、情報媒体に乏しかったのでオタクと呼べるほどの動きをしていたかと言うと微妙ではありますが。

 

ちなみに当初私が惚れたのが玉森くん。未だにキスマイが好きなのは変わらないけれど、当時はキスマイっていうより玉森くん個人が好きだったのでそこは変わったかも。

きっかけとかよく覚えてないけれど、何故か毎月某ポ誌(ドル誌)を買っていた記憶はあります。

 

そして私のオタク生活の分岐点となったのが中学生になる時。

ファンクラブに入会し、スマホを手にし、あの頃は無敵だった(遠い目)

慣れないSNSでオタク仲間を見つけ、たくさんの友人と出会い、またたくさんの友人と離れたのは今では良い思い出かもしれません。

 

初現場はドリボ。

「いやいきなりハードル高くね?」

ってまあ今だったら思うんですけど。

それがFC入って最初の現場だったから、まあしょうがない。

 

でもドリボっていう舞台のことを本当に何も知らない状態で行ったので、面白かったという記憶はあるけれどそれ以上に目まぐるしかった。笑

ドリボはほんと、予習して行くべきと後にまたドリボを観に行ったとき改めて思いました。

 

 

いろいろあって、現在オタ歴5年、といったところですが、応援スタンスというのはそれはそれは目まぐるしく変化していまして。

 

小学生の私「玉ちゃん超カッコいい見るだけでドキドキが止まんない(*ノωノ)」

中1「〜住みJC1玉ちゃん担です(きゃぴ)」「本気愛♡とか言ってる人嫌い」

中2「玉ちゃんって歌上手くないしダンス遅れるし(貶し)(でも好き)」「現場早よ!」

中3「現場あんまり楽しくない…」「玉森くんより藤ヶ谷くんの方がカッコいいと思う時もある」「玉森くんっているだけで可愛い」「っていうか玉森くんがこの世のものとか信じてない」

今(中3末期)「FC辞めてやった(ドヤァ)これで思う存分エイベのコンテンツに金つぎ込めるぜ!いえーい!」「やっぱ自分で稼いでない人間がFCとか入るべきじゃないよね(悟)」「舞台はちょっと惜しいけどコンサートなんてむしろDVDの方が楽しくない?」「玉森くんとか藤ヶ谷くんとか以前にキスマイがただ好き」

 

…みたいな。(伝わる?w)

 

今は今やりたいこと、今自分があるべきだと思うスタンスで応援出来ているので、FC辞めたことなどに何ら悔いはありません。

 

学生として、働けない年齢の自分があるべきオタクとしての姿をある種確立した感じです。

でもこの考えを他人に押し付ける気はもちろん無いです。

コンサートに行くこと、CDを買うこと、それは個人の自由だから。

お金がある人は買えばいいし、ない人はどこかで自重すればいい。

 

その中で自分個人として、お小遣いを如何に上手に使うか、と考えた結果が、FCを辞め、その分ランキングが目に見えるCD等のコンテンツに費やすこと。

キスマイの今後に繋がるかつ自分も満足できる形がこれでした。事務所がちょっと信用ならないってのもあるし(小声)

自分は今一番大事にするべきは最近キスマイを無下にしよる事務所よりちゃんとキスマイのことを考え活動を後押ししてくれるレコード会社だと思っています、私は。(毒吐いたw)

 

ってな感じで、まあそんな幸せオタクライフを楽しんでいますっていう話。(幸せそうに見えないけどw)

 

 

久々にブログ書いて訳わかんなくなっちゃったけれど、ここまで読んでくださった方がいるのであればとても嬉しいです。いないと思うけど爆 っていうかここまで読んだあなた相当暇だねって言いたいけど(((

 

まあまた何かまとめて言いたいことがあれば書きます。最近忙しめなのでいつになるかわからないけど。

 

f:id:KisMyBerry:20170205163209j:image

 

テキトーに画像載せておく。ジャニアイはまだFC名義残ってたし行きたかったけど昨年コンサートもドリボも当たった私はさすがに当たらなかった。演劇部なので観劇は大好きです。

 

 

ではまた、読んでくださった方、ありがとうございました!